スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

画像のヒストグラム表示

「解析」の中でもおそらく馴染みが深いのは画像解析でしょう。

例えばスマホの写真が綺麗に撮れているのも、画像を撮影したあとに、
解析した結果を元にスマホが自動補正してくれているから。

その中で今回は(解析と呼べるほど大げさじゃない気もしますが)、
基本の「画像のヒストグラム表示」をPythonで実行します。
元のサンプル画像はこちら。


ヒストグラム表示 ヒストグラム(度数分布図)とは、統計用語で集団のばらつきの様子を表示しています。
画像の場合、明るさ(輝度)の分布をヒストグラム表示することで、全体に明るい/暗い とか、極端に偏った部分があるなどがわかります。
上の画像をヒストグラム化したのが、以下の画像です。
pythonで実行
実際のプログラムもこちらに掲載します。jupyter notebookを使ってますが、 なくてもライブラリさえインストールしておけば動くはず。 使っているのは、 matplotlib 画像グラフ描画PIL 画像処理NumPy ちなみに、それぞれのライブラリをインストールするのが面倒であれば、anacondaを使うことをおすすめします。この手の学習に必要なものはほぼ入っています(すべてではない)

最新の投稿

soundcloud profile