figureで作ってみました・その2


Figure があれば、ちょっとした空き時間でこんな曲が作れる。



リード、ベース、リズムの3つのトラックしかないが、それで十分。
それぞれにうまく配置されたサウンドが割り当ててあるので、
特に説明がなくてもそのままで使える。
(あとから割り当てられたサウンドも変更できるよ)

このブログの人気の投稿

ASP.NETエラーの対処 ASP.NET AJAXのインストール

投資を始める前に知るべきこととは?

エラーの対処 セッション状態要求が作成できない